LEOiSM | BLOG

ココロに響く 一枚を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「To the Sky.」ブログdeフォトコンテスト応募作品

To the Sky.

第21回 ブログdeフォトコンテスト応募作品。

□ 昨年の春、毎年春の訪れを知らせるチューリップフェアにて撮影しました。
□ 春に向けて高まる興奮とやる気、高揚感を狙った一枚です。
□ 写真は下記の条件で撮影したものをPhotoshop CS4にて若干補正しました。

■ PENTAX K200D + DA10-17mm Fish-Eye: 10mm / 1/600s / F9.0 / Avモード / ISO 200 / EV+0.3 / 手持ち / SR on / JPEG

コンテストページ
LEOiSM!C
NATIONAL LEOGRAPHIC
スポンサーサイト
  1. 2010/05/30(日) 21:28:54|
  2. Contest
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FIRST IMPRESSION OF APERTURE3.

前回紹介した、『APERTURE』の最新バージョン、さっそくAPPLE STOREで試して来ました。

ハイアマからプロ向けのソフトなので、APPLE STOREでも実際に使っているというスタッフを見つけるのは難しい印象を持っていたのですが、今回はたまたま最初に話しかけた人が結構本格的に写真を撮っているという人で、色々有意義な情報を得られました。

その内容に関しては実際に『APERTURE』を使っている人、または狙っている人にしかわからない話かもしれないので控えますが、とりあえず触ってみて、いくつかの新機能と売りのひとつであるブラッシを試してみた感想を。。

places-track-logs-20091020.jpgまず、新機能というか、わかりやすい追加機能として、『iPhoto』で好評の「Faces」や「Places」が追加されているのでそれを試してみました。ボクはポートレート人間ではないので、『APERTURE』の方には人の写真があまりないため、「Faces」はあまり関係なさそうでした(ボクは『iPhoto』と『APERTURE』を併用しています)。が、「Places」はいいですね!デモで入っていた写真は殆どが北米の物でしたが、ジオタグを組み込んでおけば、世界地図を開いて、撮影した写真がどの辺で撮られたかを一覧で見られますし、ピンで表示されるそれは、つまり自分の歴史でもあります。

ボクはまだ日本かアメリカ北西部中心にしか撮っていないですが、来月にはアラスカ、夏はアメリカ西部横断を予定しているし、いつか南米やアフリカにも行きたいと思っているので、そうした後、世界地図を開いて、自分の訪れた場所にピンが増えて行くのはきっと楽しいと思います。

続いてブラッシなどによるレタッチ機能ですが、話をしたスタッフも言っていた通り、ADOBEの『Lightroom』より良さそうという印象ではあるものの、完全に『Photoshop』いらず、という状態にはなれそうにはありませんでした。『APERTURE』を開いて、『Photoshop』も開いている状態はメモリも食いますし、何より面倒なので、一つのソフトで統合出来るのは理想ですが、まだそれは無理な様でした。

adjustments-hud-20091020.jpgしかし、『2』から圧倒的に進化したレタッチ機能は、多くの場面で『Photoshop』要らずにさせてくれそうです。できることが多いので、その全てのポテンシャルを最大限に活かすことの方が大変なくらい機能が拡張されているので、マニュアル本とかが出る頃にアップグレードしようかな、と思った感じです。

ちなみに個人的には、「polarize」(ポーラライズ)のマスク(?)が気になりました。

風景を撮る上で、polarizeさせるフィルター、つまり、「PL」や「C-PL」フィルターは重要なアイテムです。しかし、高価で、しかも経年劣化する物であり、フィルターサイズの違うレンズを揃えていたら、大変な負担になる物なので、なかなか欲しいという思いのままに揃えることが出来ないアイテムです。

このマスクで写真をレタッチすれば、その「PL」、「C-PL」フィルターを使用したと同程度の仕上げが期待出来るとしたら、なんというか、熱いな、と思いましたが、きっと自分は何もわかっていない単純思考のド素人なんだと思いますが、期待だけ、してしまいました。


と、とりあえず、こんな感じで全然興味ない方には申し訳なかったですが、とりあえずこんな第一印象でしたので、ちょろっと報告だけ。
  1. 2010/02/11(木) 02:15:45|
  2. Software
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

APPLE REVEALS APERTURE 3.

APPLEが画像管理、編集統合ソフト、『APERTURE3』を発表しました。

aperture3
噂では、『X』という名前になるとか聞かれていましたが、『3』ということで、素直な進化の様です。

『200+』、200を越える新機能を搭載ということで、『iPhoto』でもおなじみの『Faces』や『Places』機能の追加から、新ブラッシやトーンカーブなど、うまくいけば、『Photoshop』とおさらば出来るかもしれない感じの編集機能が盛りだくさんの様で、期待大です。

今のところボクは、『APERTURE2』にてRAW現像(オート)→『Photoshop CS4』に展開、編集→『APERTURE2』上に保存、管理。という流れで写真を扱っているて、それ自体は特に不満を生む流れではないです。

しかし、ひとつのソフトで全て一緒くたにまとめて管理できたら、シンプルで、楽にもなりそうなので、『Lightroom』にちょっと惹かれた時期もあった(一応ソフトは持っているが好きになれなかった)ので、今回のアップデートは素直に嬉しいですが、とりあえず、30日トライアルしてみましょう。(ライセンスは$99)

…と思ったけど、『K-7』のPEFにまだ対応しないとは、、、対応発表後にトライアル開始するかな。。


詳しくは、APPLEのページで。(日本語はこっち
  1. 2010/02/09(火) 12:15:18|
  2. Photo News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vanity Moment.

宇宙はすごい速度で膨張を続けているらしい。

到底想像もつかない様な壮大な世界がこの空の先には広がっている。

137億年とかいう大昔に生まれ、いったいどこまでいくのかはしらないけど、

とりあえず、僕の一生なんて、宇宙のそれからしたら、「あ」という間だろう。


Beyond the Depression


そんな「あ」の中のある夜、じーっと空を眺めていた。

無限に思える星の下で、「あ」って結構長そうだな、と思った。





"The greatest use of life is to spend it for something that will outlast it."

(一生のもっとも優れた使い方は、それより長く残るもののために費すことだ。)

by William James (psychologist / philosopher)

「あ」



「..流れ星!」と言う間もなく消えた一筋の光。


「あ」の間に何を、どれだけ遺せるだろう―


果敢なくも美しく燃え尽きた光の残像の中でそんなことを考えた。

  1. 2010/01/13(水) 00:10:36|
  2. Blog News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Beyond the Depression.

2010年、早くも1週間が過ぎてしまいました。

新しいスタートを切るのに、冬という季節はちょっと寒すぎるかも、とか思っちゃうボクは、ダメな人間かもしれません。

今日は、そんなダメ人間なボクのココロを写した様な一枚を選んでみました。


Beyond the Depression



すっきりしないけど、最悪でもない空。

氷ついているけど、乗ったら落ちちゃいそうな湖。

暗くもなく、明るくもない。


…要するに、右も左も、なんだかはっきりしない、そんな今日この頃です。





"Maturity is the ability to live with ambiguity."

(大人になるという事は、曖昧さを受け入れる能力を持つという事である)


by Sigmund Freud

フロイト先生もこうおっしゃっているので、そろそろこういう空にも慣れなきゃならないのかもしれませんね。

  1. 2010/01/08(金) 23:22:31|
  2. Blog News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

PROFILE

Leo Miyanaga

Name: Leo Miyanaga
Age: 28
Location: Seattle, WA.
Camera: PENTAX K-7

Comment:
新しいブログを始めました!!

ACCESS

NEW ENTRY

CATEGORY

Blog News (4)
Photo News (1)
Software (1)
Contest (1)

COMMENT

TRACKBACK

Monthly Archives

SEARCH

TAG

70-300mm Tamron Rumor K-7 PENTAX San USA Francisco 

RANKING

[Genre Ranking]
写真
10518位
Check out access ranking >>

[Sub-Genre Ranking]
風景
3363位
Check out access ranking >>

SUBSCRIBE

LINKS

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。